471 終止形に接続する助詞

 

 

終止形に接続する助詞はいくつかありますが、俳句でよく使われる助詞には次のものがあります

「終止形に接続する助詞、助詞の意味、助詞の活用」を忘れてしまった時などに、参考にしてください

 >>>表の見方

 

 

終止形に接続

(ラ変の連体形に接続)

なり (○・なり・なり・なる・なれ・○)  ラ変型

①〔音・声として聞こえることを表す〕…の音(声)がする。…が聞こえるよ。

②〔推定〕…ようだ。…らしい。▽音・声や周囲の気配、相手の話などをもとにして推定する意を表す。

    〔伝聞〕…という。…そうだ。…と聞いている。▽人から伝え聞いたことであることを表す。

終止形に接続

(ラ変の連体形に接続)

めり (○・(めり)・めり・める・めれ・○)(変化なし)   ラ変型

①〔推定〕…のように見える。…と見える。…のように思われる。

②〔婉曲(えんきよく)〕…ようである。

(文末の)終止形に接続

(文末の已然形にも接続)

や (変化なし)  

「や」が、文中にある場合

(受ける文末の活用語は連体形で結ぶ)

「や」が、文末にある場合

(活用語の終止形・已然形に付く)

①〔疑問〕…か。

②〔問いかけ〕…か。

③〔反語〕…(だろう)か。…だろうか(いや、そうではない)。

①〔疑問〕…か。

②〔問いかけ〕…か。

    〔反語〕…(だろう)か。…だろうか(いや、そうではない)。

 

 

 

 

 

↓↓↓表の見方





その他の表


>> 未然形に接続する助詞

>> 連用形に接続する助詞

>> 終止形に接続する助詞

>> 連体形に接続する助詞

>> 已然形に接続する助詞


>> 名詞に接続する助詞







にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

↑クリックすると、ランキング投票になります
よろしくお願いします!