574 「旧仮名・文語」を勉強するには順番がある

 

 俳句を旧仮名・文語で作りたいけれど、難しい、勉強の仕方が分からない

という人のために、どのような流れで勉強をすればよいのかを、記事にしました

 

俳句では、多くが旧仮名・文語で作られています

俳句を始めたばかりの人は、この「旧仮名・文語」で苦労している人が多いのではないでしょうか

中には、先輩の作った句を参考にして「旧仮名・文語」の俳句を作っている人もいるかもしれませんが

できればそのような作り方は止めて、「旧仮名・文語」をちゃんと理解して、使いこなせるようにしましょう

人の作った句の「旧仮名・文語」を真似ても、そこから応用することはできません

また、歳時記などの句を参考にしても、誤った使い方が散見しますので、誤った使い方をそのまま流用することにも繋がっていしまいます

 

とは言っても、古典に慣れ親しんでいなければ、どのように勉強をすればよいのか分からないと思います

ですので、大雑把にはなりますが、「旧仮名・文語」を理解するまでの全体像を書き出します

今後どのような勉強をすればよいのか、何となくの流れを頭に描けると思います

 

 

最初は、新仮名を旧仮名に直す方法を勉強します

旧仮名に直すことができなければ、文法の使い方も間違ってしまうため、これを最初に理解しなければいけません

新仮名を旧仮名に直すと言うのは、このようなことです

新仮名の「におう(匂う)」を、旧仮名の「にほふ(匂ふ)」と書き直す方法です

この直し方は、辞書を使うことで誰でも直すことができます

 

 

次は、文語を理解します

特に、文語の中の「活用」と呼ばれる「言葉の語尾変化」を理解します

「書く」であれば

(ず)、書(けり)、書(。)、書(なり)・ 書(ども)・ 書(よ)

というように、(赤文字部分の)語尾が動きます。

これにはルールがあり、活用表というものを見ることで、正しく使うことができます

これが正しく使えなければ、次に勉強する文法も誤った使い方となってしまいます

 

 

 

最後に、文法を理解します

「書く」の語尾変化の後には、(赤い部分のように)様々な助詞などをつけることができます

書か(ず)、書き(けり)、書く(。)、書く(なり)・ 書け(ども)・ 書け(よ)

この助詞の付け方にもルールがあり、文法の一覧表を見ることで、正しく使うことができます

 

 

 

 

「旧仮名・文語」は、このような順番で勉強します

そして、それぞれの場所で「辞書」「活用表」「文法の一覧表」の見方を覚えれば

「旧仮名・文語」は使えるようになります

 

 

 

今現在、何らかの教材で「旧仮名・文語」の勉強をされている方は、上記の流れを意識しながら勉強をされるとよいと思います

教材を持っていない、これから勉強をしたい、と思っている方は

「辞書」「活用表」「文法の一覧表」などの見方、使い方を説明した記事

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」をアップしていますので、そちらで勉強しても良いと思います

 

ワードの用紙にして50ページ弱の分量ですので、読むのは大変かもしれませんが

これは、初心者の人でも理解できるように、かなり噛み砕いて書いたためです

ですから、「旧仮名・文語」をゼロから勉強する人も、理解できると思います

 

 

こちらが記事の目次になります。7日に分けてアップしています

 

1日目

 

1週間の学習で旧仮名・文語は使えるようになる!!

旧仮名・文語を理解するとどうなるのか?

私が旧仮名・文語の学習で失敗したと思うこと

 

記事はこち>>>>>

2日目

 

俳句作りで多い間違いは3つ

「旧仮名」「新仮名」「文語」「口語」の違い

事前準備に、辞書を用意しましょう

 

記事はこら>>>>>

3日目

 

旧仮名を辞書でチェック

「蝶々」の旧仮名を調べる

「猫じゃらし」の旧仮名を調べる

「干潮(かんちょう)」の旧仮名を調べる

「起きる」の旧仮名を調べる

「旧仮名」と「新仮名」の比較表

 

記事はこち>>>>>

4日目

 

動詞は語尾が変化する

動詞の活用を調べるカンペ「活用表」

活用表の使い方

「匂う」の活用を調べる

「駆ける」の活用を調べる

「する」の活用を調べる

 

記事はこちら>>>>

5日目

 

動詞の語尾の変化は、どういう時に使えば良いの?

未然形で使える言葉

連用形で使える言葉

 

記事はこちら>>>>

6日目

 

いままでの内容を復習

俳句を鑑賞しながら復習①

俳句を鑑賞しながら復習②

俳句を鑑賞しながら復習③

俳句を作りながら、復習①

俳句を作りながら、復習②

俳句を作りながら、復習③

 

記事はこら>>>>>

7日目

 

音便について

「文語」と「新仮名」を混ぜることの問題点

「口語」を「旧仮名」を混ぜる事の問題点

「文語」と「口語」を混ぜる事の問題点

 

記事はこら>>>>>

 

 

 

 

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 7日目

   


「旧仮名・文語」
を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される

「旧仮名・文語」を使いたいけれど、使い方が良くわからない

「旧仮名・文語」は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった

 

そのような人たちのための

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」の記事です



7日目は

音便について

「文語」と「新仮名」を混ぜることの問題点

「口語」を「旧仮名」を混ぜる事の問題点

「文語」と「口語」を混ぜる事の問題点

                              

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 6日目

   


「旧仮名・文語」
を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される

「旧仮名・文語」を使いたいけれど、使い方が良くわからない

「旧仮名・文語」は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった

 

そのような人たちのための

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」の記事です



6日目は

いままでの内容を復習

俳句を鑑賞しながら復習①

俳句を鑑賞しながら復習②

俳句を鑑賞しながら復習③

俳句を作りながら、復習①

俳句を作りながら、復習②

俳句を作りながら、復習③

                              

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 5日目

 


「旧仮名・文語」
を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される

「旧仮名・文語」を使いたいけれど、使い方が良くわからない

「旧仮名・文語」は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった

 

そのような人たちのための

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」の記事です



5日目は

動詞の語尾の変化は、どういう時に使えば良いの?

未然形で使える言葉

連用形で使える言葉

                             

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 4日目

 


「旧仮名・文語」
を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される

「旧仮名・文語」を使いたいけれど、使い方が良くわからない

「旧仮名・文語」は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった

 

そのような人たちのための

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」の記事です



4日目は

動詞は語尾が変化する

動詞の活用を調べるカンペ「活用表」

活用表の使い方

「匂う」の活用を調べる

「駆ける」の活用を調べる

「する」の活用を調べる

                              

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 3日目

 



「旧仮名・文語」
を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される

「旧仮名・文語」を使いたいけれど、使い方が良くわからない

「旧仮名・文語」は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった

 

そのような人たちのための

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」



3日目は

旧仮名を辞書でチェック

「蝶々」の旧仮名を調べる

「猫じゃらし」の旧仮名を調べる

「干潮(かんちょう)」の旧仮名を調べる

「起きる」の旧仮名を調べる

「旧仮名」と「新仮名」の比較表

                              

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 2日目

  


「旧仮名・文語」
を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される

「旧仮名・文語」を使いたいけれど、使い方が良くわからない

「旧仮名・文語」は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった

 

そのような人たちのための

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」の記事です



2日目は

旧仮名・文語の俳句で多い間違い

「旧仮名」「新仮名」「文語」「口語」の違い

事前準備に、この辞書を用意

                             





「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 1日目 >>>

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 2日目 >>>

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 3日目 >>>

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 4日目 >>>

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 5日目 >>>

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 6日目 >>>

「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 7日目 >>>