冬眠する熊が、なぜ冬の季語なのか?

 

歳時記には「熊」が冬の季語で掲載されている 1.2.6.7.8

熊は冬の期間は冬眠をしていて、一般には見ることはないのに、なぜ冬の季語にされているのだろうか?

 

 

熊の目撃情報が多いのは春から秋

熊が多く目撃されるのは春から秋

特に多いのは夏とされる

環境省が報告する令和1~5年までのクマの出没情報でも、平均値は6月が最も多く2738件、次いで7月2677件、102528件、92340件の順番で多い 10

 

 

ひぐまの生態から見ても、活動が活発になるのは夏

 

冬 冬眠

晩春 冬眠明けで穴から出る

夏 繁殖

秋 食べ物が少なくなり、農作物を荒らす

https://www.city.sapporo.jp/kurashi/animal/choju/kuma/seitai/index.html

 

 

このような現状があるから、熊が冬の季語であることの理由が分からない

 

 

熊の季語の歴史

熊が冬の季語になった流れを見たい

 

1898年の「ホトトギス」では、「熊」を冬の課題として俳句を作っている 4

 

雪の中を熊引きずって戻りけり

大雪や屯田兵の熊を獲つ

冬枯や昔熊居し穴在す

 

この作品に見られるように、熊は冬の季語と取り合わせて作られていて、熊はまだ無季であった

 

 

1915年に「柳下孤村」は、冬の季語に「熊」を掲載し 5

熊を入れた俳句を一つ、例句として掲載した

 

熊売って乾鮭買ふて帰りけり  子規

 

 

私が思うに、このときに熊を冬に入れてしまったのが、そもそもの間違いだったのではないだろうか

 

ここでの熊は、熊狩り(冬)で仕留めたもので

熊狩り・穴突きなどの生活の分類(冬の季語)に入れられるはずの熊

この句を例句にしたため、つられて熊を冬の季語としてしまったように感じられるのだ

 

もし、生きた熊を詠んだ俳句を例句にしていれば、熊を冬にすることはなかったはずである

 

ただ、当時は初めて「熊」を季語として採用するのだから、生きた熊を詠んだ句はあまり無かったはずで、狩られた熊を例句にしてしまったのも、致し方なかったのだろう

 

 

「熊」が季語になった18年後(1933年)、「山本三生」も熊を採用し、子季語に「羆(ひぐま)、赤熊、白熊、黒熊、月輪熊」を掲載した

季節は「柳下孤村」と同じように冬に入れた

熊を冬に入れた理由は書かれておらず、むしろ、秋に人家近くに現れて農作物や人畜に被害を与えると書いている 3

 

このような流れで熊が冬の季語に掲載され、現在までそのまま引き継がれた

 

 

突如掲載された「熊の子」という季語

熊は、実態にはそぐわない冬に配置され続けてきたのだが、この矛盾を解消するためなのだろうか

「角川俳句大歳時記」は、2006年版では掲載していなかった「熊の子」を、2023年に熊の子季語に掲載した

熊は冬眠中に子供を産むため、熊の子を子季語にすれば、熊が冬の季語で良いことになりそうにも思う

 

 

熊、羆(ひぐま)、赤熊、白熊、黒熊、月輪熊、北極熊     (2006年)1

   ↓

   ↓熊を冬にするために「熊の子」を入れたのか?

   ↓

熊、羆(ひぐま)、赤熊、白熊、黒熊、月輪熊、北極熊、熊の子 (2023年)2

 

 

ただ、出産が冬眠中であっても、子熊を見る頻度が多いのは、やはり夏

野イチゴが実る初夏には、親離れしたばかりで警戒心のない子熊の目撃が多く、その子熊は「クマの苺落とし」とも呼ばれる 9

このようなことを考えると、親熊も子熊も夏が相応しい

 

 

 

熊の句はどのようなものがあるの?

冬に見かけることのない熊を使って、皆はどのような俳句を作っているのだろうか?

数多の熊の例句を見てみると、熊の出没の話を聞いたという噂話、日本にはいない北極熊を想像して詠んだもの、動物園の北極熊を詠んだもの、熊除けの鈴をつけた登山の思い出など、冬の熊を肌で感じられる句は一つも見当たらない

 

 


熊が冬の季語であるデメリット

 熊が冬の季語であれば、俳句で熊を詠むことはできなくなる

これは長い目で見ると俳句にとってのデメリットになるので

四季を語る季語」では、熊を夏の季語に分類している

 

 

 

すべての季語の意味が書かれた「四季をる季語

アマゾンプライム会員は、「春版」が無料で読める(期間限定)

Kindle Unlimited会員は、「春夏秋冬+新年」の全てが無料で読める

 

 

 

 

参考資料

 

1)     角川学芸出版.(2006).角川俳句大歳時記.角川書店.

2)     角川書店.(2022).新版角川俳句大歳時記.KADOKAWA.

3)     山本三生 編.(昭和8).俳諧歳時記 冬.改造社.

4)     ホトトギス 1(13).(1898).ホトトギス社.

5)     柳下孤村 編.(大正4).元禄、天明、明治時代俳句選 冬及新年の部.木太刀社.

6)     現代俳句協会.(2004).現代俳句歳時記.学研プラス.

7)     角川書店.(2019).合本俳句歳時記.KADOKAWA.

8)     汀子稲畑.(1999).ホトトギス俳句季題便覧.三省堂.

9)     新潟県立浅草山麓 エコ・ミュージアム.https://www.eco-museum.jp/2021/06/6952.html (参照:2024.04.23

10)  クマ類の出没情報について[速報値]. https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort12/syutubotu.pdf(参照:2024.04.23

 

 


「おざなり」と「なおざり」の違い

 
 
「おざなり」と「なおざり」は、それぞれ意味が違います。
「おざなり」は、その場の思い付きなどの適当な言い訳や発言をすること。
「なおざり」は、いいかげんにしておくさま。あっさりしているさま。
 
 
何となく似たような言葉ですが、意味は違いますので
使う際は、間違えないようにしましょう
 
 
 
 
 
 
 

季語の「友鹿」ってなに?

 

「俳句季語よみかた辞典」に「友鹿(ともじか)」という季語が掲載されています 1

意味は、友をつれた鹿。

 

動物の季語では、動物の名前の前に「雄」「雌」「つがい」といった言葉をつけることはありますが

「友」という語を付けた言葉は見たことがなかったので、気になりました

 

鹿が群れでいることはあります

群れでいる鹿が家族であるのか、友達であるのか、見慣れた人には分かるのでしょうか

 

 

友鹿を使った句に、次のものがあります

友鹿の啼を見かへる小鹿かな 車来

 

作品にあるということは、一般的に使われている言葉なのでしょうか?

ちなみに、小鹿は夏の季語ですが、友鹿は秋の季語です

俳句で「友鹿」を使う場合は、ご自身でも確認をしてから使ったほうが良いかもしれません

 



 

1)日外アソシエーツ.(2015).俳句季語よみかた辞典.日外アソシエーツ.




「道」「路」「道路」の違い

 
 
「道」「路」「道路」は、それぞれ意味が違います
 

 

意味

古来より自然発生的に生じた、人や車などが往来するためのところ

道と呼ばれるものの総称

 

山道、抜け道、畦道

 

道の中でも、特定の目的のために整備されたもの

 

通路、水路、迷路、舗装路

 

道路

道の中でも、人工的に築造・管理されているもの

 

高速道路、有料道路、有料道路

 
 
俳句では、一文字で「道」、「路」と書くことがあります
どちらを使えばいいの?と迷ったときは
詠もうとしている道が何かを思い出しましょう
 
畦道であれば、「畦+道」なので「道」です
裏道であれば、「裏+道」なので「道」です。
通学路であれば、「通学+道」なので「道」です。
 
 
 
 
 
 
 

季語の、「夏を追う」の意味が「夏の果」と同じ?

 

夏の終わりを意味する「夏の果」という季語があります

この関連季語として「夏を追う」が紹介されていますが 

紹介する本はどれもその意味を書いていません 1.2.3.4.5

 

なぜ、夏の終わりを「夏を追う」というのでしょうか?

「追う」は追い払うや追い立てるなどの意味があります

夏を追い払う、夏を追い立てる、という言い替えをしても、それが「夏の果」と同じ意味だというには無理があります


一般的に「夏を追う」という表現は、甲子園の~、被災地の~などのように使われます

そこには、「夏の果」という意味はありません

 

「夏を追う」という言葉を使った一文を見つけたので下に紹介しますが

こちらも「夏の果」という意味では使われていません

 

「蝙蝠の背脊(せなか)に乘り夏を追ふて最(い)とも楽しく私は飛ばん」 6

 

「見よ冬は夏を追ふて忽ち(たちまち)に到るにあらずや」 7

 

「麦わら帽子かるく置きたる草の上去りゆく夏を追ふ思ひあり」という和歌 8

 

 

「夏を追う」を掲載する歳時記で最も古いのは、200年近く前の「四季名寄」です

このころの歳時記は、先に挙げた文章や和歌の表現を切り取って季語にしていることがあります

「去りゆく夏を追ふ思ひあり」の「夏を追ふ」だけを切り取るように

「去りゆく夏を追ふ思ひあり」は、一文を通して読めば「夏が終わる」という意味が分かりますが、一部分の「夏を追ふ」だけを切り取っても意味は通じません

 

実際に、このようにして文を切り取って季語にしたのかは分かりませんが

言葉の意味が分からないので、そのようにして季語にしたのかな?とは思ってしまいます

「夏を追う」を使う場合は、このあたりのことも確認をしてから使ったほうがよいと感じます

 

 

 

子季語の意味も知って俳句を作りたい方は、「四季を語る季語」をお勧めします

春版は期間限定でプライム会員であれば、無料で読むことができます


 



 


1)角川書店.(2022).新版角川俳句大歳時記.KADOKAWA.

2)日外アソシエーツ.(2015).俳句季語よみかた辞典.日外アソシエーツ.

3)無適庵.俳諧道しるべ.2編前編.(1897).東京図書出版合資会社.

4)高井/蘭山.俳諧季寄/四季名寄.(1836).https://kokusho.nijl.ac.jp/biblio/100300529/35?ln=ja (参照:2024/03/25

5)高味石田.俳諧季寄.(1933).

6)シエーキスピーヤ著.仁田桂次郎 (叢菊野史) .泰西奇談嵐の巻.21.盛進舎

7)ミラー 著.光栄ある生涯.(40).実業之日本社.

8)潮汐 31(12).1975-12.潮汐会.