だからか!「字余りをするなら上五」のわけ

 

「俳句では字余りや字足らずをしないこと」「字余りをするならなるべく上五ですること」

 

俳句を始めたばかりの人は先輩から、「字余り」について一度はこのようなことを言われているのではないでしょうか

 

一体ここで言う「字余りをするなら上五でしなさい」というのは、どのような理由から来ているものなのでしょうか?

 

これを理解するには、以前記事にもした、「俳句のリズム」を理解する必要があります

音楽は、4拍子や8拍子などのリズムで作られていることは、皆さんもご存知かと思いますが

五・七・五の俳句もリズムが用いられています

 

 

 

次の俳句を読んでみてください

4拍子で表記しています

 

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

雪とけて     村一ぱいの    子どもかな

 

このように五・七・五で作られた俳句は、四拍子のリズムにも上手く乗っていて、読む人に心地よさを与えるのです

 

 

もし、五・七・五のどこかに字余りがあると、流れが少し悪くなります

せっかくですので、上記句で試してみましょう

上五、中七、下五のそれぞれで字余りにしましたので、比べてみましょう

 

上五字余り

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきがとけて・・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

 

中七字余り

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらにいっぱいの こどもかな・・・

 

下五字余り

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらいっぱいの・ こどもいでる・・

 

どうでしょう、どの句も流れの悪さを感じると思います

 

では、ここで私たちに「流れの悪さ」を感じさせる理由は、一体何なのでしょうか?

これは、上五、中七、下五のどの部位においてもそうですが、一拍の中の最後の言葉が裏拍にきてしまうと、途端に流れの悪さを感じてしまうのです

 

上五字余り(裏拍で「て」が終わっています)

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきがとけ・・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

 

中七字余り(裏拍で「の」が終わっています)

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらにいっぱい こどもかな・・・

 

下五字余り(裏拍で「る」が終わっています)

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらいっぱいの・ こどもいで・・

 

どれも、裏拍で終わっていますよね

そのため、言葉が宙ぶらりんの状態となり、流れの悪さを感じさせるのです

ということは、裏拍で終わるのを直せれば、流れの悪さが解消されると言うことです

 

 

上五字余りの句は、このように読めば、先ほどの問題が解消できます

上五字余り

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきがとけ・・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

・ゆきがとけ・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

 

裏拍から読み始めることで、「て」がしっかり地面に付いた感じとなり、流れが改善されます

つまり、上五で「字余り」や「字足らず」であっても、最後の語がしっかりと拍に収まる読み方ができれば

それほど、流れの悪さを感じさせない俳句になるのです

 

先輩が、上五の字余り句でも「これは許せるかな」と言う句は、このように裏拍から読むことでリズムが改善される句なのです








「文語の俳句を鑑賞」できても、「文語の俳句が書ける」訳ではない

まずはっきりさせたいのですが
文語で書かれている俳句を「鑑賞する」ことと
文語で書かれている俳句を「書くこと」は、まったく別物です
それぞれの勉強方法もまったく違います
ここを理解しておかないといけません

なぜこんなことを言うのかというと
文語の俳句を鑑賞できたからと、その流れで「あの俳句でこの言葉遣いを使っているのだから、同じように使って大丈夫だろう」というようにして、文語の俳句を書いている人がたくさんいるからです

文語の俳句を鑑賞することは簡単です
文語の俳句を書くことは難しいです
簡単な印象のまま、書けると思っても、それは無理です

鑑賞と書くことの違いを説明します


【鑑賞は簡単】
鑑賞の場合、作品で使われている単語は、大抵見ればすぐに意味が分かります
単語の前後にある助詞は、見慣れないものが使われていると、調べなければ分かりませんが、それを調べれば文の意味が分かります

例えば、次の句
「さくら満ち一片をだに放下せず」
でしたら

「さくら」「満ち」「一片」「放下」といった単語は、意味が分かります
「だに」「せず」などの助詞は、見慣れていないと分かりませんが、そこさえ調べれば一句の意味は理解できるということです

つまり、鑑賞の場合は、見慣れない(大抵1つか2つの)助詞を調べれば、鑑賞が出来てしまいます


【書くのは難しい】
一つの助詞の意味を調べただけで鑑賞できるからといって、助詞の意味だけを調べただけで書けるかと言えば、それは無理です
「多分ここに入れて大丈夫でしょう」と言って、適切そうな場所に助詞を放り込む人がいますが
それでは書けません
使える場所や、使うときのルールなどがあるからです
それらを理解してようやく書けるようになります


ほかの俳句の表現を真似て、文語の俳句を書いている人は
文語・文法の勉強は必ずした方がいいです

文語・文法を理解していれば、句を鑑賞したときに、動詞の活用、名詞と助詞の繋がりなど、すべて言葉で説明することができます
もし、すべてを言葉で説明できる自信がないのでしたら、まだ理解はできていないということですので、勉強しましょう



俳句は視点、発想などが重要で、口語・文語の表記方法はどうでもよい、という人がいます

もしかすると、そうかもしれません
ただ、あなたはそのような考えは持たないようにしましょう
そのような考えで俳句作りをおこなうと
「どうでもよい」が、あなたの俳句作りのスタンダードになります


頭の痛い「俳句の旧仮名・文語」は、この手順で勉強しよう

「旧仮名・文語」で俳句を作るのが難しい
「旧仮名・文語」の勉強をしても分からない
という声をよく聞きます

「旧仮名・文語」を理解するには勉強の順番があります
順番がばらばらだと理解できなかったり、無駄な時間を費やすことになります


「旧仮名・文語」の勉強は、次の順番で行います

①新仮名を旧仮名にする方法をマスターする
②口語を文語にする方法をマスターする
③文語の活用を理解する
④文語の文法を理解する

なぜこの順番でないといけないのか?ですが
①が理解できていないと、②が理解できないから
②が理解できていないと、③が理解できないから
③が理解できていないと、④が理解できないから

単純ですが、このような繋がりがあるからです


自分も初めのころはそうでしたが、初心者の多くは①~④の勉強を、その時々でばらばらに勉強します
それも一つ一つを中途半端にしてしまいます
その結果、①~④が繋がらず、「分からない!」となってしまいます


①~④の順で一つずつマスターしていけば、必ず「旧仮名・文語」で俳句が作れるようになります

「旧仮名・文語」の俳句作りに悩んでいる人は、勉強の順番を意識するといいと思います




制約だらけの俳句。制約だらけだから良いのです!!

俳句はなぜこれほど制約があるのか
と不満に感じる人は多いと思います


十七音で作ること
五・七・五のリズムで作ること
季語を入れて作ること


これだけでも、かなり厳しい制約ですが、さらに

動詞、擬人化、比喩、形容詞を多用しないこと
説明をしないこと
焦点を絞ること
旧仮名・文語で作ること


など、作るうえでの注意点も余りにもたくさんあります
こうなると、一体何ができるのか、と絶望的に思うかもしれません

ただ、このようなことも考え方ひとつです
制約があるからこそ、チャレンジのしがいがある、とも考えられます

「自由に何でもやっていいですよ」と言われたら
逆に何から手を付ければ良いのか迷ってしまうのではないでしょうか
作品の終わりも、どこで区切りを付ければよいのか迷います
かえって力を発揮しにくいと思います

「この制約でやってください」と言われるから
その枠の中で最大限どこまでやれるか、というチャレンジ精神が生まれ
創作力が引き出される、そんな面があります


俳句の制約に不満を感じている人は、このように制約をバネにして俳句に対峙してみてはどうでしょうか


文法の間違い、俳句に多い「べし」

俳句でみられる「べし」の誤用について、説明します
例えば、次の句

風止まば手の草笛は捨つるべし

風が止んだなら、草笛は捨てるのがよい
ということを言っているのですが
「べし」は終止形の動詞につく言葉ですので「捨つべし」でなくてはいけません
「捨つる(連体形)」+「べし」はありません

このような誤用は
「生くるべし」「越ゆるべし」「忘るるべし」
など、多くの言葉で見かけます
どれも連体形につなげていますが、連体形はラ変動詞にしか繋がりません

五・七・五の五音に引きずられて、そのような言葉を使ってしまっているのでしょうが
気を付けたいところです



詠む事柄は、絞って絞って一つに絞ろう!!

これは重要です!
「俳句を詠むときは、一つの事柄だけに絞りましょう」

例えば
「今日はるんるん気分で帰り道を歩いていたら、桜が咲いていた。桜を見ていたら鳥が3匹やってきた。3匹は常に仲良さそうにしていて、たまに、蜜を吸ったり鳴き合っていて可愛かった」
これを俳句に詠みたい、という人がいます
正直、これを十七音の中に全てを入れるのは無理があります
無理やり詰め込むことができても、結局はごちゃごちゃしてしまい何を言いたいのかが分からない句になってしまいます
ですから、俳句を作るときは、この中から一つの出来事を選んで、それだけを詠みましょう
一つの出来事というのは、今回でいえば
「桜が咲いたこと」
「桜に鳥が3匹来たこと」
「3匹来の鳥が仲良さそうだったこと」
「鳥が桜の蜜を吸ったり、鳴きあったりしていたこと」
などです
これらのことを、一句で読みます

俳句は十七音しか使えません
ですから、言いたいことを絞って絞って、一つだけに絞って、それを詠みます
その方が、読者に強く響く俳句になります
句の内容が鮮明になって、ぐっと良い作品になります

是非、意識してみてください


「こんなもんでいいでしょ?」という俳句があるが・・・

句会などに参加していると「こんなもんでいいでしょ?」というように作られた俳句を目にします

例えば、綺麗な桜を俳句にしようとして
桜が綺麗だった、とだけ言っているのです

桜がどのように綺麗だったのか、を頑張って言おうとした形跡がないのです
また、表現方法にも、工夫を凝らしたという形跡がないのです

つまり、自分の最も感動した中心部分を言語化して、書こうとした気配がまったくないのです
言語化して書くことは難しいし、時間もかかります
だから、その作業は省いて「こんなもんでいいでしょ?」と
使い慣らされた言葉を書いて提出してしまうのだと思います



人それぞれ、物事への取り組み方はいろいろあるので、それに対してどうこう他人が言うべきでは無いのですが
このような俳句を出すなら、出さないほうがいいと感じます
それは、読者、作者ともにメリットがまったく無いからです

読者側からすれば
そのような作品はまず、感動することはありません
学ぶものが一つもありません
そのような作品を読まされた側は、ただの時間の無駄にしかなりません

作者側からしても同じです
そのような適当な作品を出したところで、自分の力が付くはずはありません
誰かが作品に対して講評をしてくれても、適当に作ったものに対する講評を、作者が真剣に受け止めるとは思いません
そうであれば、作者側からしても、作品を出すだけ、ただの時間の無駄でしかないのです

結局、そのような作品は、読者、作者双方の貴重な時間を無駄にさせてしまうことになります


「こんなもんでいいでしょ」と人を軽く扱う作品は、俳句に限らず、世の中に溢れかえっています
10分程度の内容を1時間かけて放送するテレビ番組
広告ばかりの雑誌
見えるところだけを美しく装飾した家具
どれも、「こんなもんで」が丸見えです

一方で、このような仕事もあります
人が寝ている時間から起きて、手間暇をかけて作られる野菜
表向きには分からないですが、使い勝手の考え尽くされた食器
一流スポーツ選手の命を懸けたプレー
ここに「こんなもんで」という力の出し惜しみはありません

どちらで俳句を作るか、です