俳句は、感動を具象化すること

俳句は、感動を具象化する作業ともいえます
「具象化」というのは、脳内にある曖昧な考えやイメージをかき集めてはっきりとした姿や形を現すことです

脳内の曖昧な考えやイメージというのは主に
美しい、寂しい、悲しい、儚い、といった感情を表すような一般概念

一般概念なので、「寂しい」と言えば、あぁこの人は「寂しい」のだな、とは分かってもらえます
ただ、実際にはあまりにも抽象的で曖昧な言葉であるため
「寂しいんだね」とは言ってもらえても、誰ひとりとして作者の寂しさを分かる人はいないはずです

だから、「夕焼けが美しい」「蝶が朽ちて寂しい」といったことを、いくら俳句で述べてみても
作者の「美しさ」を「寂しさ」を共感する人は、実際は一人もいないということです

俳句でやるべき作業は、この「美しい」「寂しい」と言った曖昧な言葉を、はっきりした形に表すことです
はっきりした形に表すには、その物の、どの様な状態が寂しかったのかを、言語化することです
そうすることで、読者はその状況を追体験できます
追体験をして、読者の心にも「寂しさ」の感情が広がります
中には、過去の体験が鮮烈に蘇って、そのときの「寂しさ」を思いだす人もいるはずです

美しかった、寂しかった、悲しかったという、脳内に生じた感情を、言語化する作業は大変です
それでも、言葉にするために、徹底的に考えることです
考え抜かれて出てきた言葉を提示されたとき
(それが核心を突く言葉だった場合)読者ははっとします
同じ状況の時に、自分を寂しく感じさせたもの
口に出そうとしても出なかったその何かが、言葉として提示されて
そうだ、これが言いたかったんだ
と思います


感動を言語化する作業に、定型だった方法論はありません
言葉を何度も、入れ替え差し替えする中で「この言葉かな」という物を見つけるほかありません

「美しい、寂しい」といった常套句を安易に使って、はいできました、と言わないように気を付けたいものです






集中して俳句を作る方法

 

集中して俳句を作ろうと思っても、気をそれてしまうことが多々あるものです

あなたは、そんな悩みを持っていませんか

 

このような悩みのある場合は、次の対策方法をお勧めします

 

 

 

俳句作りの時間を決め、時間内はそれ以外のことは行わない

 

作業前に「いま自分にとって一番大切なことは俳句を作ることだ」と意識してから取り掛かる

 

作業を始めたら、終わるまで電話やデバイス、パソコンなどの誘惑に絶対手を出さない

 

デバイスやテレビなどに意識が向いてしまう場合は、集中を阻害する因子を紙に書き出す。そうすることで意識的に距離を置くようにする

 

それでもデバイスなどに意識が向く場合は、それらを全てを部屋から出す

 

別の重要な作業が頭に浮かんだときは、メモ書きにして俳句作りが終わってから処理する(絶対に同時に作業はしないこと)

 

尊敬する俳人が隣の席に座り、自分の制作姿勢を眺めていることを想像する

 

 

 

 

10分でも20分でも、俳句作りをすると決めたら

何であれ、全力で取り組むこと

他のことに絶対に気を取られないこと

これを意識するだけで、ぐっと集中して俳句作りができるようになります

 

1時間だらだらと俳句を作るよりも、全集中力を傾けた10分間のほうがずっと濃密な時間になるはずです

 

集中力が続かないという人は、ぜひ試してみてください

 


すべての体験は、すべて俳句のためにある

 

あなたは、先輩からこのようなことを言われたことはありますか?
「さまざまな体験をしたほうがいい。それが俳句作りにも役立つから」
俳句を始めたばかりのころ、私はよく先輩たちから、このようなアドバイスをもらいました
当時は、「分かりました」とは言いながら、なんとも腑に落ちず、心にはすっと言葉が入っていかなかったように思います

過去の自分の体験が、どのように現在の俳句作りに影響を及ぼしているのかなど知りようがないし
具体的に「このように影響を及ぼしている」と証明することなど、誰もできないと思ったからです


ただ最近、このような考え方に変化が生じてきました
「今作った俳句は、過去のこの体験をしたから作れたのだ」と証明することは無理だし、そんなことを考えてもしょうがないのです

そうではなくて
「自分に起こるあらゆる体験が、自分という個性を作り上げている」という事実に注目するべきだと

自分が体験したことは、自分にしか体験することができなくて
その全ての出来事は、かならず自分の脳のどこかに蓄積しています
そのような体験が蓄積されて行って、自分の個性や価値観を作り上げているはずです


だから、これまで自分の体験してきたことの積み重ねとして、今の俳句が生み出される
これから体験していくあらゆる出来事を上積みして、明日の俳句が生み出される

そうであれば、さまざまな体験、さまざまな空間に身を置くことは、本当に必要なことではないかと思うのです
そして、どのような体験を積み重ねるべきかも、大切に感じます

優れた美術、音楽、芸術、文芸に触れること
素晴らしい作品を残した芸術家の思考を知ること、それは、きっと明日の俳句作りに良い影響を及ぼすはずです


むかし先輩の言葉の意味が分からなかった自分も、いまはこう思います
自分に起こるあらゆる体験は、すべて俳句作りに影響を及ぼすと
だから、いまの一秒も無駄にせず、さまざまな体験を全力で感受したいと










人の評価より、自分の成長を目指そう

俳句をやっていると他人の評価が常につきまといます
とくに俳句では句会というものがあるため、余計に自分の作品に対する評価を目にします
このような評価に対して、ストレスを感じる人は多いようです
ただ、それは俳句に限らず、学問や仕事でも同じことではないでしょうか
どのような世界でも、かならず評価はついて回るものです
ですから、評価があるということは、一度受け止めて
そのうえで、いちいち評価には反応しないようにしよう、と思った方が良いと思います

作品が評価されない、と不満を言ったところで、何かが解決されるわけではありませし
そのようなことを言っている時間が無駄な時間とも言えます

他人の評価はあくまで他人
人が変われば評価も変わりますし
その時の気分でも評価は変わります
時代が変われば評価も変わります

そう思えばいいのです


それでも人の評価が気になるという人は
小さな成功体験を積み重ねると良いと思います
成功体験のひとつひとつは、他人の良い評価と同じで、積み重なることで自分の自信につながります

成功体験を積み重ねる方法としては、まず自分自身でクリアできそうな目標を立てます

今週は、1日に5つの俳句を必ず作る
今週は、俳句教本を1冊読み切る
など、少し頑張ればクリアできる目標です

このように目標を立てて、それを一つずつクリアしていくことで
目標を達成した成功体験が積み重なります

小さな目標が達成できたら、次はもう少し大きな目標を立ててもいいでしょう
このようにして、目標を大きくしていくと
次第に、人には真似できないような目標もクリアできる自分になっているはずです


そうなったとき、おそらく他人の評価より
昨日より成長している自分を目指すことのほうが重要なことに気が付くはずです

人の評価がストレスになっているという人は、試してみてください


文法の間違い、俳句に多い「涼しかり」

 

俳句作品を見ていると、次の句のように「涼しかり」で終わっている句を見かけます

 

こんこんと水のながれて涼しかり

 

活用表を見ると、「涼しかり」は連用形だし、使い方は正しいのでは?と思ってしまいますが

この使い方は間違っています

 

種 類

例 語

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

シク活用

涼し

(-しく)

-しく

-し

-しき

-しけれ

-しかれ

-しから

-しかり

-しかる

 

シク活用やク活用などは、活用が二段表示されています

この場合、下段は「補助活用」と呼ばれるもので、その後に助詞がつながる場合に使われる活用です

つまり、「涼しかりけり」のように使うということです

 

例句のように連用形で句が終わる場合は、「涼しく」で終わります

 

音数を合わせるために、補助活用を使ってしまっているケースを見かけますが、注意をしたいところです







だからか!「字余りをするなら上五」のわけ

 

「俳句では字余りや字足らずをしないこと」「字余りをするならなるべく上五ですること」

 

俳句を始めたばかりの人は先輩から、「字余り」について一度はこのようなことを言われているのではないでしょうか

 

一体ここで言う「字余りをするなら上五でしなさい」というのは、どのような理由から来ているものなのでしょうか?

 

これを理解するには、以前記事にもした、「俳句のリズム」を理解する必要があります

音楽は、4拍子や8拍子などのリズムで作られていることは、皆さんもご存知かと思いますが

五・七・五の俳句もリズムが用いられています

 

 

 

次の俳句を読んでみてください

4拍子で表記しています

 

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

雪とけて     村一ぱいの    子どもかな

 

このように五・七・五で作られた俳句は、四拍子のリズムにも上手く乗っていて、読む人に心地よさを与えるのです

 

 

もし、五・七・五のどこかに字余りがあると、流れが少し悪くなります

せっかくですので、上記句で試してみましょう

上五、中七、下五のそれぞれで字余りにしましたので、比べてみましょう

 

上五字余り

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきがとけて・・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

 

中七字余り

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらにいっぱいの こどもかな・・・

 

下五字余り

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらいっぱいの・ こどもいでる・・

 

どうでしょう、どの句も流れの悪さを感じると思います

 

では、ここで私たちに「流れの悪さ」を感じさせる理由は、一体何なのでしょうか?

これは、上五、中七、下五のどの部位においてもそうですが、一拍の中の最後の言葉が裏拍にきてしまうと、途端に流れの悪さを感じてしまうのです

 

上五字余り(裏拍で「て」が終わっています)

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきがとけ・・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

 

中七字余り(裏拍で「の」が終わっています)

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらにいっぱい こどもかな・・・

 

下五字余り(裏拍で「る」が終わっています)

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきとけて・・・ むらいっぱいの・ こどもいで・・

 

どれも、裏拍で終わっていますよね

そのため、言葉が宙ぶらりんの状態となり、流れの悪さを感じさせるのです

ということは、裏拍で終わるのを直せれば、流れの悪さが解消されると言うことです

 

 

上五字余りの句は、このように読めば、先ほどの問題が解消できます

上五字余り

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

ゆきがとけ・・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |♩ ♩ ♩ ♩ |

・ゆきがとけ・ むらいっぱいの・ こどもかな・・・

 

裏拍から読み始めることで、「て」がしっかり地面に付いた感じとなり、流れが改善されます

つまり、上五で「字余り」や「字足らず」であっても、最後の語がしっかりと拍に収まる読み方ができれば

それほど、流れの悪さを感じさせない俳句になるのです

 

先輩が、上五の字余り句でも「これは許せるかな」と言う句は、このように裏拍から読むことでリズムが改善される句なのです








「文語の俳句を鑑賞」できても、「文語の俳句が書ける」訳ではない

まずはっきりさせたいのですが
文語で書かれている俳句を「鑑賞する」ことと
文語で書かれている俳句を「書くこと」は、まったく別物です
それぞれの勉強方法もまったく違います
ここを理解しておかないといけません

なぜこんなことを言うのかというと
文語の俳句を鑑賞できたからと、その流れで「あの俳句でこの言葉遣いを使っているのだから、同じように使って大丈夫だろう」というようにして、文語の俳句を書いている人がたくさんいるからです

文語の俳句を鑑賞することは簡単です
文語の俳句を書くことは難しいです
簡単な印象のまま、書けると思っても、それは無理です

鑑賞と書くことの違いを説明します


【鑑賞は簡単】
鑑賞の場合、作品で使われている単語は、大抵見ればすぐに意味が分かります
単語の前後にある助詞は、見慣れないものが使われていると、調べなければ分かりませんが、それを調べれば文の意味が分かります

例えば、次の句
「さくら満ち一片をだに放下せず」
でしたら

「さくら」「満ち」「一片」「放下」といった単語は、意味が分かります
「だに」「せず」などの助詞は、見慣れていないと分かりませんが、そこさえ調べれば一句の意味は理解できるということです

つまり、鑑賞の場合は、見慣れない(大抵1つか2つの)助詞を調べれば、鑑賞が出来てしまいます


【書くのは難しい】
一つの助詞の意味を調べただけで鑑賞できるからといって、助詞の意味だけを調べただけで書けるかと言えば、それは無理です
「多分ここに入れて大丈夫でしょう」と言って、適切そうな場所に助詞を放り込む人がいますが
それでは書けません
使える場所や、使うときのルールなどがあるからです
それらを理解してようやく書けるようになります


ほかの俳句の表現を真似て、文語の俳句を書いている人は
文語・文法の勉強は必ずした方がいいです

文語・文法を理解していれば、句を鑑賞したときに、動詞の活用、名詞と助詞の繋がりなど、すべて言葉で説明することができます
もし、すべてを言葉で説明できる自信がないのでしたら、まだ理解はできていないということですので、勉強しましょう



俳句は視点、発想などが重要で、口語・文語の表記方法はどうでもよい、という人がいます

もしかすると、そうかもしれません
ただ、あなたはそのような考えは持たないようにしましょう
そのような考えで俳句作りをおこなうと
「どうでもよい」が、あなたの俳句作りのスタンダードになります