515 7音の季語は、ここに置くと作りやすい

 

季語はそれぞれの音数ごとに、置きやすい場所がある

その場所をあらかじめ知っておくと、俳句を作る過程がずいぶん楽になる

 

 

7音の季語を使う場合は

① 上五に置く

② 中七に置く

と作りやすい

 

 

 

 

具体的にはこんな感じ

 

① 上五に置く

 

例句

 

アイスコーヒー 来てミーティング 中断す

 

 

「アイスコーヒー」のように季語が名詞の場合は

「アイスコー / ヒー」というように、5音で切っても良いが

「アイスコーヒー /」と、名詞を言い終わってから軽く切っても大丈夫

 

 

どちらにしても、残りの穴埋め作業の際に、1カ所のリズムを意識するだけで良くなるので楽だ

アイスコー   / ヒー○○○○○   ○○○○○

アイスコーヒー / ○○○○○○○   ○○○○○

                  ↑

ここのリズムをだけ意識して、穴埋めをすればいいのでラク

 

 

 

注意点としては

上五に置いて良いのなら、下五でも良いの?と考える人もいるだろうが、それはやめた方がいい

起承転結の「結」である、最後の最後で2音も余分な季語を置いてしまうと

句全体が間延びしてしまう

その前までの流れが良くても、台無しになってしまう

 

 

 

 

 

 

② 中七に置く

 

こんな感じ

 

遠き日の アイスコーヒー 二つかな

 

 

 

7音の季語なので、当然のことながら中七にはピッタリ収まる

 

中七に置いたら、「上五(5音)」+「季語(7音)」もしくは、「季語(7音)」+「下五(5音)」の12音を作ってしまおう

遠き日の  / アイスコーヒー / ○○○○○

○○○○○ / アイスコーヒー / 旨かった

 

12音が出来てしまえば、後はそれに合った5音を考えるだけで済むし

なにより、五七五のリズムを考えなくて済む

 

遠き日の  / アイスコーヒー / ○○○○○

      ↑         ↑

     このリズムを考える必要が無くなる

 

 

 

 

初心者は、俳句を作る時に、作り方が分からないから、いきなり完成形を目指してしまう

しかし、句を完成させるためには、「季語を置く場所」「五七五のリズム」「十七音の文字数」「詠む内容」など色々なことを考えなくてはいけない

それらを全て考えながら、いきなり完成形を作ることは、難しい

俳句経験者だってそんなのは大変だ

 

 

経験者の場合は

無意識の中で、今説明したことをやってしまっているのだ

7音の季語を使う場合は

上五に置くか、中七に置いてしまうのだ

 

 

そうすることで、もう

「季語を置く場所」は考えなくていいし

「五七五のリズム」を意識する場所は激減する

「17音の文」よりもっと短い「単語」を考えるだけでよい

 

だから、簡単に作れるのだ

 

 

 

7音の季語を使う場合は

① 上五に置く

② 中七に置く

そうすることで、俳句は圧倒的に作りやすいのだ

 

 

 

7音の季語の一覧を載せたので、その季語で俳句を作ってみよう


 

 ↓クリックすると表示されます         

7音

豌豆の花(えんどうのはな)、桜桃の花(おうとうのはな)、小賀玉の花(おがたまのはな)、苧環の花(おだまきのはな)、数の子製す(かずのこせいす)、片栗の花(かたくりのはな)、鴨川踊(かもがわおどり)、枸橘の花(からたちのはな)、木苺の花(きいちごのはな)、北窓開く(きたまどひらく)、こでまりの花(こでまりのはな)、桜蘂降る(さくらしべふる)、三月十日(さんがつとおか)、山楂子の花(さんざしのはな)、白樺の花(しらかばのはな)、末黒の芒(すぐろのすすき)、鈴懸の花(すずかけのはな)、聖金曜日(せいきんようび)、蚕豆の花(そらまめのはな)、鷹鳩と化す(たかはととかす)、高山祭(たかやままつり)、大根の花(だいこんのはな)、鳥雲に入る(とりくもにいる)、満天星の花(どうだんのはな)、接骨木の花(にわとこのはな)、花換祭(はなかえまつり)、春の筍(はるのたけのこ)、春の夕焼(はるのゆうやけ)、羊の毛刈る(ひつじのけかる)、蛇穴を出づ(へびあなをいづ)、ヘリオトロープ(へりおとろーぷ)、三椏の花(みつまたのはな)、水口祭(みなくちまつり)、靖国祭(やすくにまつり)、雪囲とる(ゆきがこいとる)、山茱萸の花(さんしゅうのはな)、十三詣(じゅうさんまいり)、白鳥帰る(はくちょうかえる)、八十八夜(はちじゅうはちや)

7音

アイスコーヒー(あいすこーひー)、青唐辛子(あおとうがらし)、アカシアの花(あかしあのはな)、虎杖の花(いたどりのはな)、薄翅蜉蝣(うすばかげろう)、卯の花腐し(うのはなくたし)、車前草の花(おおばこのはな)、大山蓮華(おおやまれんげ)、蚕の上蔟(かいこのあがり)、酢漿の花(かたばみのはな)、蟷螂生る(かまきりうまる)、萱草の花(かんぞうのはな)、ガタリンピック(がたりんぴっく)、がまずみの花(がまずみのはな)、羊蹄の花(ぎしぎしのはな)、擬宝珠の花(ぎぼうしのはな)、梔子の花(くちなしのはな)、げんのしようこ(げんのしようこ)、仙人掌の花(さぼてんのはな)、竹の皮脱ぐ(たけのかわぬぐ)、橙の花(だいだいのはな)、天神祭(てんじんまつり)、時の記念日(ときのきねんび)、常磐木落葉(ときわぎおちば)、蜻蛉生れる(とんぼうまれる)、名越の祓(なごしのはらえ)、茄子の鴫焼(なすのしぎやき)、夏の暁(なつのあかつき)、南天の花(なんてんのはな)、凌霄の花(のうぜんのはな)、浜木綿の花(はまゆふのはな)、ハンカチの花(はんかちのはな)、ビーチパラソル(びーちぱらそる)、ブーゲンビリア(ぶーげんびりあ)、蛇衣を脱ぐ(へびきぬをぬぐ)、鬼灯の花(ほほづきのはな)、水草の花(みずくさのはな)、むしかりの花(むしかりのはな)、茴香の花(ういきょうのはな)、馬鈴薯の花(じゃがいものはな)、ジューンドロップ(じゅーんどろっぷ)、水中眼鏡(すいちゅうめがね)、蒼朮を焚く(そうじゅつをたく)、玉巻く芭蕉(たままくばしょう)、半夏生草(はんげしょうぐさ)

7音

秋の七草(あきのななくさ)、秋の夕焼(あきのゆうやけ)、色変へぬ松(いろかえぬまつ)、鹿の角伐(しかのつのきり)、高きに登る(たかきにのぼる)、蔓梅擬(つるうめもどき)、燈火親しむ(とうかしたしむ)、灯籠流し(とうろうながし)、南蛮煙管(なんばんぎせる)、ピラカンサの実(ぴらかんさのみ)、富士の初雪(ふじのはつゆき)、蛇穴に入る(へびあなにいる)、水草紅葉(みずくさもみじ)、水引の花(みずひきのはな)、紫式部(むらさきしきぶ)、紅葉かつ散る(もみじかつちる)、吉田火祭(よしだひまつり)、六道参(ろくどうまいり)

7音

アイスホッケー(あいすほっけー)、神在祭(あみありまつり)、一碧楼忌(いっぺきろうき)、寒天製す(かんてんせいす)、北窓塞ぐ(きたまどふさぐ)、三寒四温(さんかんしおん)、大根洗ふ(だいこんあらう)、秩父夜祭(ちちぶよまつり)、ちやんちやんこ(ちやんちやんこ)、柊の花(ひひらぎのはな)、冬の鴬(ふゆのうぐいす)、冬の夕焼(ふゆのゆうやけ)、和布刈神事(めかりのしんじ)、年末賞与(ねんまつしょうよ)

新年

7音

歌会始(うたかいはじめ)、橙飾る(だいだいかざる)、箱根駅伝(はこねえきでん)、俎始(まないたはじめ)、正月の凧(しょうがつのたこ)、十六むさし(じゅうろくむさし)、七日正月(なぬかしょうがつ)、二十日正月(はつかしょうがつ)









523 「梅」の季語と子季語

 

日本には四季を感じさせる美しい言葉があります。俳句の世界では「季語」という名前で親しまれています。

ここでは、季語の一つ「」と、「」に関連する語(子季語)を紹介します。

歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。

それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。

 

 ─ 春 ─


梅【うめ】

梅は早春の寒気の残る中、百花にさきがけて白色五弁の花を開く。気品ある清楚な姿は、古くから桜とともに日本人に愛され、多くの詩歌に詠まれてきた。香気では桜に勝る

好文木(こうぶんぼく)

ウメの別名。晉の武帝が学問に励んでいる時は梅の花が開き、学問を怠る時は散りしおれていたと「晉起居注」に見えたといわれる故事から

匂草(においぐさ)

ウメの別名。よい香りのすることから

風待草(かざまちぐさ)

ウメの別名。春を告げる風を待って咲くことから

春告草(はるつげぐさ)

植物の周囲から雪がとける時期に咲き、春を告げることから呼ばれる

野梅(やばい)

野生の梅。野に咲く梅

梅が香(うめがか)

梅の花のかおり

梅暦(うめごよみ)

ウメの別名。ウメの花の咲くのを見て春を知るところから

梅の宿(うめのやど)

梅のたくさん咲いている家

梅の里(うめのさと)

梅のたくさん咲いている村

紅梅(こうばい)

梅のうち赤い花を咲かせる種類とその花をさす。白梅より少し遅れて暖かさが感じられる頃に開く。濃い色から淡い色、八重、一重などがある

白梅(しらうめ)

白い花の梅。白い花を咲かせる梅

臥竜梅(がりゅうばい)

幹や枝が地をはい、そこから根を生じる梅

豊後梅(ぶんごうめ)

梅とアンズの交雑種です。 原産地は大分

枝垂梅(そだれうめ)

枝の垂れた梅

盆梅(ぼんばい)

盆栽に仕立てた梅

 

514 6音の季語は、ここに置くと作りやすい

 

季語はそれぞれの音数ごとに、置きやすい場所がある

その場所をあらかじめ知っておくと、俳句を作る過程がずいぶん楽になる

 

 

 

6音の季語を使う場合は

① 上五・下五に置く

②「季語(6音)」+「助詞」にして、中七に置く

と作りやすい

 

 

 

 

具体的にはこんな感じ

 

① 上五・下五に置く

 

このような例句がある

 

一輪草 谷の奥まで 日が届く

青鬼灯 文明という 自転車過ぐ

派遣切り 鉢売りされる 青鬼灯

 

 

6音の季語が名詞で、それが上五・下五に置かれた場合

実際には字余りなのだけれど、5音の季語と同じ感覚で読むという、暗黙の了解がある

 

 

最初の句で、説明すると

一輪草 谷の奥まで 日が届く」の季語「一輪草(いちりんそう)」は

「いちりんそ/う」と5音では切らずに「いちりんそう/」と読み終わってから軽く切るということ

 

 

なので、6音の季語を使う場合は、字余りを気にせずに、上五・下五に置いてしまおう

 

 

上五・下五が決まってしまえば、残り12音の一文を考えることに集中すればいいだけとなる

 

 

リズムを意識する所も2カ所ではなく、1カ所になる

一輪草 / ○○○○○○○  ○○○○○

               ↑

  上五は決まってしまったので、後ろのリズムを意識するだけでいい

 

 

 

 

 

 

②「季語(6音)」+「助詞」にして、中七に置く

 

 

赤丸部分が季語で、そこに助詞を付けるといい

○○○○○ / ●●●●●●+(て・を・に・は) / ○○○○○

そうすると、ピッタリ7音に収まる

 

 

例句にはこのようなものがある

 

山の日は 一輪草に 届かざる

 

 

 

 

○○○○○ / 一輪草に / ○○○○○

 

「季語(6音)」+「助詞」の中七が出来たら

次は「助詞に繋がる言葉」を考えてしまった方がいい

 

 

○○○○○ / 一輪草に / 届かざる

             ↑

      このように、助詞につながる後半を作ってしまう

 

 

12音を作ってしまえば、その文章に合った残り5音を考えるだけで済むので、比較的楽だ

 

 

 

12音が出来てしまっているので、五七五のリズムを考える必要もなくなる

○○○○○ / 一輪草に / 届かざる

      ↑      ↑

  ここのリズムは、考えなくていい

 

初心者は、俳句を作る時に、いきなり完成形を目指してしまう

しかし、句を完成させるためには、「季語を置く場所」「五七五のリズム」「十七音の文字数」「詠む内容」など色々なことを考えなくてはいけない

それらを全て考えながら、いきなり完成形を作ることは、俳句経験者だって難しい

 

 

経験者の場合は

無意識の中で、今説明したことをやってしまっているのだ

6音の季語を使う場合は、上五・下五に置くか、助詞を付けた7音にして中七に置いていることが多い

 

そうすることで、もう

「季語を置く場所」は考えなくていいし

「五七五のリズム」を意識する場所は激減する

「17音の文」よりもっと短い「単語」を考えるだけでよい

 

だから、簡単に作れるのだ

 

 

 

6音の季語を使う場合は

① 上五・下五に置く

②「季語(6音)」+「助詞」にして、中七に置く

そうするだけで、俳句は圧倒的に作りやすいのだ

 

 

 

6音の季語の一覧を載せたので、その季語で俳句を作ってみよう

 


 

 ↓クリックすると表示されます         

6音

青木の花(あおきのはな)、通草の花(あけびのはな)、蘆の若葉(あしのわかば)、馬酔木の花(あしびのはな)、アスパラガス(あすぱらがす)、アズマイチゲ(あずまいちげ)、杏の花(あんずのはな)、苺の花(いちごのはな)、一輪草(いちりんそう)、鶯餅(うぐいすもち)、楓の花(かえでのはな)、垣繕ふ(かきつくろう)、春日祭(かすがまつり)、木五倍子の花(きぶしのはな)、炬燵塞ぐ(こたつふさぐ)、桜鰄(さくらうぐい)、樒の花(しきみのはな)、枝垂桜(しだれざくら)、しどみの花(しどみのはな)、スターリン忌(すたーりんき)、李の花(すもものはな)、先帝祭(せんていさい)、暖炉納む(だんろおさむ)、薺の花(なずなのはな)、乗込鮒(のっこみぶな)、花大根(はなだいこん)、花種蒔く(はなだねまく)、花盗人(はなぬすびと)、孕雀(はらみすずめ)、春一番(はるいちばん)、春大雪(はるおおゆき)、春大根(はるだいこん)、春の霰(はるのあられ)、春の入江(はるのいりえ)、春の落葉(はるのおちば)、春の霙(はるのみぞれ)、春竜胆(はるりんどう)、彼岸桜(ひがんざくら)、一人静(ひとりしずか)、二人静(ふたりしずか)、復活祭(ふっかつさい)、菠薐草(ほうれんそう)、防風摘む(ぼうふうつむ)、ボートレース(ぼーとれーす)、水草生ふ(みずくさおう)、壬生念仏(みぶねんぶつ)、ミモザの花(みもざのはな)、都踊(みやこおどり)、都忘れ(みやこわすれ)、葎若葉(むぐらわかば)、物種蒔く(ものだねまく)、桃の節句(もものせっく)、山吹草(やまぶきそう)、雪割草(ゆきわりそう)、山桜桃の花(ゆすらのはな)、林檎の花(りんごのはな)、勿忘草(わすれなぐさ)、磯巾着(いそぎんちゃく)、銀杏の花(いちょうのはな)、球根植う(きゅうこんうう)、山椒の芽(さんしょうのめ)、春分の日(しゅんぶんのひ)、二月礼者(にがつれいじゃ)、馬鈴薯植う(ばれいしょうう)、旧正月(きゅうしょうがつ)

6音

葵祭(あおいまつり)、青鬼灯(あおほほづき)、朝顔市(あさがおいち)、東踊(あずまおどり)、海酸漿(うみほおずき)、えぞにうの花(えぞにうの花)、花魁草(おいらんそう)、楝の花(おうちのはな)、踊子草(おどりこそう)、お花畑(おはなばたけ)、お化け屋敷(おばけやしき)、海水浴(かいすいよく)、蚊帳吊草(かやつりぐさ)、胡瓜の花(きうりのはな)、祇園祭(ぎおんまつり)、草孵蝣(くさかげろう)、胡桃の花(くるみのはな)、グラジオラス(ぐらじおらす)、月下美人(げっかびじん)、米搗虫(こめつきむし)、石榴の花(ざくろのはな)、森林浴(しんりんよく)、千日草(せんにちそう)、筍飯(たけのこめし)、筑摩祭(つくままつり)、石花菜採る(てんぐさとる)、天道虫(てんとうむし)、梯梧の花(でいごのはな)、海桐の花(とべらのはな)、土用鰻(どよううなぎ)、土用蜆(どようしじみ)、夏座蒲団(なつざぶとん)、夏大根(なつだいこん)、夏手袋(なつてぶくろ)、日日草(にちにちそう)、ハイビスカス(はいびすかす)、蠅虎(はえとりぐも)、蓮の浮葉(はすのうきは)、花橘(はなたちばな)、浜豌豆(はまえんどう)、浜昼顔(はまひるがお)、浜防風(はまぼうふう)、パイナップル(ぱいなっぷる)、冷索麺(ひやそうめん)、仏法僧(ぶっぽうそう)、糸瓜の花(へちまのはな)、鬼灯市(ほおずきいち)、蛍袋(ほたるぶくろ)、松葉牡丹(まつばぼたん)、万太郎忌(まんたろうき)、蜜柑の花(みかんのはな)、水機関(みずからくり)、水木の花(みずきのはな)、水鉄砲(みずてっぽう)、水羊羹(みずようかん)、三船祭(みふねまつり)、麦の黒穂(むぎのくろほ)、矢車菊(やぐるまぎく)、山桜桃の実(やまもものみ)、山葵の花(わさびのはな)、青山椒(あおさんしょう)、浮人形(うきにんぎょう)、槐の花(えんじゅのはな)、南瓜の花(かぼちゃのはな)、干瓢剥く(かんぴょうむく)、カーネーション(かーねーしょん)、鏡太郎忌(きょうたろうき)、夾竹桃(きょうちくとう)、牛馬冷す(ぎゅうばひやす)、葛饅頭(くずまんじゅう)、三光鳥(さんこうちょう)、三光鳥(さんこうちょう)、山椒魚(さんしょううお)、三社祭(さんじゃまつり)、秋櫻子忌(しゅうおうしき)、慈悲心鳥(じひしんちょう)、芭蕉の花(ばしょうのはな)、百日草(ひゃくにちそう)、冷し中華(ひやしちゅうか)、辣韮漬(らっきょうづけ)、竜舌蘭(りゅうぜつらん)、暑中見舞(しょちゅうみまい)、武者人形(むしゃにんぎょう)

6音

秋の蛍(あきのほたる)、温め酒(あたためざけ)、隠元豆(いんげんまめ)、鬱金の花(うこんのはな)、漆紅葉(うるしもみじ)、運動会(うんどうかい)、狗尾草(えのころぐさ)、白粉花(おしろいばな)、臭木の花(くさぎのはな)、梔子の実(くちなしのみ)、敬老の日(けいろうのひ)、桜紅葉(さくらもみじ)、時代祭(じだいまつり)、硯洗(すずりあらい)、雑木紅葉(ぞうきもみじ)、体育の日(たいいくのひ)、立待月(たちまちづき)、煙草の花(たばこのはな)、燕帰る(つばめかえる)、釣瓶落し(つるべおとし)、玉蜀黍(とうもろこし)、南天の実(なんてんのみ)、白膠木紅葉(ぬるでもみじ)、美男葛(びなんかづら)、更待月(ふけまちづき)、臥待月(ふしまちづき)、風炉の名残(ふろのなごり)、べつたら市(べったらいち)、弁慶草(べんけいそう)、牡丹根分(ぼたんねわけ)、真菰の馬(まこものうま)、真菰の花(まこものはな)、木天蓼の実(またたびのみ)、松茸飯(まつたけめし)、松虫草(まつむしそう)、山梨の実(やまなしのみ)、夕顔の実(ゆうがおのみ)、銀杏黄葉(いちょうもみじ)、菊人形(きくにんぎょう)、芸術祭(げいじゅつさい)、珊瑚樹の実(さんごじゅのみ)、山椒売(さんしょううり)、山椒の実(さんしょうのみ)、秋海棠(しゅうかいどう)、秋分の日(しゅうぶんのひ)、障子洗う(しょうじあらう)、二百十日(にひゃくとおか)、百八燈(ひゃくはちとう)、盆狂言(ぼんきょうげん)、茗荷の花(みょうがのはな)

6音

アロエの花(あろえのはな)、鮟鱇鍋(あんこうなべ)、潤目鰯(うるめいわし)、門松立つ(かどまつたつ)、枯蟷螂(かれとうろう)、寒念仏(かんねんぶつ)、降誕祭(こうたんさい)、御用納(ごようおさめ)、三平汁(さんぺいじる)、神農祭(しんのうさい)、大根引(だいこんひき)、大根干す(だいこんほす)、電気毛布(でんきもうふ)、名の草枯る(なのくさかる)、のっぺい汁(のっぺいじる)、羽子板市(はごいたいち)、柊挿す(ひひらぎさす)、鞴祭(ふいごまつり)、冬暖か(ふゆあたたか)、碧梧桐忌(へきごとうき)、報恩講(ほうおんこう)、防雪林(ぼうせつりん)、牡丹焚火(ぼたんたきび)、ポインセチア(ぽいんせちあ)、八手の花(やつでのはな)、銀杏落葉(いちょうおちば)、蒟蒻掘る(こんにゃくほる)、十一月(じゅういちがつ)

新年

6音

馬騎初(うまのりぞめ)、恵方詣(えほうまいり)、白朮詣(おけらまいり)、鏡開(かがみびらき)、飾納(かざりおさめ)、稽古始(けいこはじめ)、御用始(ごようはじめ)、仕事始(しごとはじめ)、新年会(しんねんかい)、成人の日(せいじんのひ)、ちやつきらこ(ちやつきらこ)、十日戎(とおかえびす)、野老飾る(ところかざる)、歳徳神(としとくじん)、七種粥(ななくさがゆ)、七草爪(ななくさづめ)、初商(はつあきない)、初鴬(はつうぐいす)、初観音(はつかんのん)、初金毘羅(はつこんぴら)、初東雲(はつしののめ)、初天神(はつてんじん)、初弁天(はつべんてん)、花びら餅(はなびらもち)、女正月(おんなしょがつ)、切山椒(きりざんしょう)、講書始(こうしょはじめ)、上元の日(じょうげんのひ)、投扇興(とうせんきょう)、繞道祭(にょうどうさい)、初勤行(はつごんぎょう)