539 「鹿」の季語と子季語

 

季語の一つ「鹿」と、「鹿」に関連する語(子季語)を紹介します。

歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。

それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。

 

 

鹿【しか】

シカ科の哺乳類。日本にすみ、ヤクシカ・ホンシュウジカなどの亜種があり、北のものほど大形

牡鹿(おじか)

おすの鹿

牝鹿(めじか)

めすの鹿

小牡鹿(さおしか)

おすの鹿。「さ」は接頭語

鹿の声

(しかのこえ)

交尾期に他の雄に挑戦する声で、遠くできくと哀調を帯びる

鹿笛(しかぶえ)

猟師が鹿をおびき寄せるために吹く、鹿の鳴き声に似せた笛。竹や角に鹿の胎児の皮やヒキガエルの皮を張る

 

 


--------------------------------------------------------------










このページは、季節を感じさせる言葉(季語)と、その言葉の関連語(子季語)の意味の一部を載せただけです
このページを作った理由は、歳時記を見ても、子季語の意味までは載っていなくて、俳句を作る時に、とても不便に感じたからです
ですので現在、個人的な勉強もかねて、1万語近い季語と子季語の全てに意味をつける作業をしています

仮の話ですが
1万語近い季語と子季語の全てに、意味をつけた本があったとしたら、欲しい人はいますでしょうか?

数十冊程度本にしても、制作代金の方が高くついてしまうので、購入希望者が百人以上集まるようでしたら、本にしようかとも考えています

もし、本として欲しいという方がいましたら、右下のメールフォームに「季語辞典希望」と書いて、ご連絡をください
購入希望者が百人を超えるようでしたら、本作りを始めたいと思います

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

↑クリックすると、ランキング投票になります
よろしくお願いします!