2020年3月18日水曜日

295 遠近法を使って俳句を作る




俳句を作るときの一つの方法なのですが
外で俳句を作るときに、遠近法を使うと作りやすいということがあります


具体的には、次の順で作ります

目の前にある季語を選ぶ(例えば、帰り花)
「これを詠む」と、しっかりと自分に言い聞かせる
遠くを見て、季語に合う事物を選ぶ(夕富士)
遠くから季語に向かって、視線を絞るように句を作る

夕富士に枝さしのべて帰り花

夕富士(遠景)  帰り花(近景)

単純な形ではありますが、印象鮮やかな句を作るのに適した技法です

このように作る場合、遠くから近くに視線を絞って行ったほうが良いといえます
最後に目の前の季語が現れることで、自分のいる位置や、季語の鮮明な色が浮かび上がります

近景から遠景に向かって作ってしまうと
最初に帰り花が出てくるため、鑑賞者は「帰り花」について何かを言うのだろうな、と用意します
それなのに、何も関係のない夕富士がでてくると、あれ?何のことが言いたいの?と
戸惑ってしまうでしょう










0 件のコメント:

コメントを投稿