2019年6月16日日曜日

016  俳句の中の、季語にならない季語とは?


せっかく俳句で季語を使ったつもりなのに、その季語が季語になっていない事があります

例えば
「雪」という季語がありますが
「雪」をそのまま使えば季語になるのですが
絵に描かれた雪を詠みたくて、俳句の中で「雪の絵」というように使った場合、それは季語になりません

絵の中に描かれている雪は、それ自体に季節感はありませんよね
季語ではないキャンパスに、いくら季語である雪の絵が描かれていても
残念ながら、季語にはなりません


〇 雪
× 雪の絵


ちなみに
絵の他にも、次のような間違いはよく見かけますので、作る時に注意してください

〇 梅
× 梅のガム


〇 熊
× 熊のおもちゃ


〇 桜
× 桜の写真
(写真の中に映った桜を言っている場合は駄目です。ただ、実際に咲いている桜を写真に撮っている、というのなら大丈夫です)











0 件のコメント:

コメントを投稿