522 「苜蓿」の季語と子季語

 

 

日本には四季を感じさせる美しい言葉があります。俳句の世界では「季語」という名前で親しまれています。

ここでは、季語の一つ「苜蓿」と、「苜蓿」に関連する語(子季語)を紹介します。

歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。

それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。

 

─ 春 ─

 

苜蓿【うまごやし】

まめ科の越年生植物。茎の下部は地にはい、上部は直立する。葉は三つ葉で、クローバーに似ている。晩春、黄色の小花を球状につける

苜蓿(もくしゅ)

ウマゴヤシの事

クローバ(くろーば)

シロツメクサの別名

紫うまごやし(むらさきうまごやし)

アルファルファの別名

クローバー(くろーばー)

シロツメクサの別名

しろつめくさ(しろつめくさ)

しろつめくさマメ科の多年草。茎は地をはい、3枚の小葉からなる複葉。夏、葉の付け根から花柄を伸ばし、白い小花を密集してつける

オランダげんげ(おらんだげんげ)

オランダげんげシロツメクサの別名

 

 


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

↑クリックすると、ランキング投票になります
よろしくお願いします!