2019年10月22日火曜日

157 俳句 切字「なり」の意味と接続



なり (○・なり・なり・なる・なれ・○)  ラ変型


■意味
①〔音・声として聞こえることを表す〕…の音(声)がする。…が聞こえるよ。
②〔推定〕…ようだ。…らしい。▽音・声や周囲の気配、相手の話などをもとにして推定する意を表す。
③〔伝聞〕…という。…そうだ。…と聞いている。▽人から伝え聞いたことであることを表す。


■接続
ラ変の連体形、終止形に接続



■例句
骨なのに逢ひに行くなり霜柱
行くなり(行くようだ)




------------------------------------------------------------------


なり (なら・なり(に)・なり・なる・なれ・なれ)  ナリ活用



■意味
①〔断定〕…である。…だ。
②〔存在〕…にある。…にいる。
③〔状態・性質〕…である。


■接続
連体形、体言に接続



■例句
「葉隠」はしのぶ恋なり寒椿

恋なり(恋である)






















0 件のコメント:

コメントを投稿