2019年10月22日火曜日

152 俳句 助動詞「らむ」の意味と接続



らむ (○・○・らむ(らん)・らむ(らん)・らめ・○)   四段型


■意味
①〔現在の推量〕今ごろは…しているだろう。▽目の前以外の場所で現在起こっている事態を推量する。
②〔現在の原因の推量〕…(のため)だろう。どうして…だろう。▽目の前の事態からその原因・理由となる事柄を推量する。
③〔現在の伝聞・婉曲(えんきよく)〕…という。…とかいう。…のような。▽多く連体形で用いて、伝聞している現在の事柄を不確かなこととして述べる。


■接続
ラ変の連体形、終止形に接続



■例句
天使にも産毛あるらむ桃の夜

あるらむ(あるだろう)




















0 件のコメント:

コメントを投稿