2019年10月26日土曜日

115 冬の沖縄で、春の桜を見た場合に詠んでいいの?



冬の沖縄で、春の桜を見た場合に詠んでいいのか?と疑問を持つことがあると思います
この場合、詠んでも問題はありません

俳句で春の季語を詠んだ場合は、実際にその時期がたとえ冬だったとしても、春の句となりますし、鑑賞する人も春の句として読みます

南は沖縄、北は北海道まであるので、例えば同じ植物を見たとしても
一方は1月に見れて、一方は6月に見れる、ということは当然起こり得ます
このように、観察地点によって見られる時期が大きくずれることから、歳時記に記載する時期の基準となる地点があります
その基準地点は京都です
ですから、京都から離れているところは、歳時記に掲載されている時期とは少しずれることがあります
また、基準地点の京都であっても、その年の天候によっては歳時記とは時期がずれることがあります

歳時記の春夏秋冬の季語はあくまで基準にすぎません
見たときに、見たように詠めばいいのです


0 件のコメント:

コメントを投稿