2019年10月9日水曜日

092 切字の「や」「かな」は同時に使える?



切字の「や」「かな」は同時に使わないこと、と言われますが
使っても良い場合もあります
これは、「や」と「かな」の意味を理解すれば簡単なことです

切字の「や」「かな」の意味は、どちらも「・・・だなあ」という詠嘆で使われます
ですから、俳句の中で「や」と「かな」を同時に使うと

○○や●●●●●●●●●●かな
○○だなあ。●●●●●●●●●●だなあ。

と二度も感動をしていることになり、どちらをメインに言っているのか分からなくなります
これが、同時に「や」「かな」を使わないこと、と言われる理由です

しかし切字の「や」は、「・・・だなあ」の他に「・・・か?(疑問)」の意味もあります
ですから、一句の中で
「や」を「・・・か?」として使い
「かな」を「・・・だなあ」として使っているのであれば、問題ありません


○○か?●●●●●●●●●●だなあ。
このような使い方であれば、問題はありません








0 件のコメント:

コメントを投稿