2019年9月13日金曜日

082 上五・下五に名詞があるときは注意



俳句を作るうえで、一句中の「上五」と「下五」に名詞を同時に置かない方が、良いでしょう

× 夏の蝶 / ○○○○○○○ / 椰子の波

このような作り方をすると、中七が上五に付いているのか
下五に付いているのか分かりづらくなるからです



試しに、真ん中に「大きく揺らぐ」を入れてみましょう

夏の蝶 / 大きく揺らぐ / 椰子の波

これでは
夏の蝶(が)大きく揺らぐ/ 椰子の波
とも取れますし
夏の蝶 / 大きく揺らぐ椰子の波
とも取れてしまいます


ただ、注意はしていても、このような形の句を作ってしまうことがあります
そのような場合
「や」「に」「を」「が」「は」「の」などの助詞を使うことで
問題が解決できることがあります


夏蝶「や」 / 大きく揺らぐ椰子の波

「夏の蝶」を「夏蝶や」として、一度句を切ることで
大きく揺らぐのは椰子の波ということになります



また、「夏蝶が」とすると

夏蝶が大きく揺らぐ / 椰子の波

となり、大きく揺らぐのは夏の蝶ということになります



名詞が「上五」と「下五」にあり
意味が複数に取られてしまう場合は、上記方法を試してみると良いかもしれません










0 件のコメント:

コメントを投稿