2019年8月16日金曜日

070 主語を意識しましょう



俳句を作るときは、主語が何か(季語なのか自分自身なのか)を常に意識することが大切です

主語を意識せず句を作ると
初めは季語が主体で読んでいたのに、最後に季語でも何でもないものを
まるで主語のように置いてしまうこともあります

こうなると鑑賞者は、何について歌っているのだろう?
と困惑してしまいます


また、季語そのものが主語なのか
季語に自分を重ねて、それを主語としているのか
自分自身が主語なのか

それによって表現も、意味も変わってきます

句を作るときには
初めから主語を意識しながら作ることが、正確な表現にもつながるでしょう











0 件のコメント:

コメントを投稿