2019年7月8日月曜日

029 俳句を書くときは一段で書きましょう


俳句を書くときは
縦書きで、一段で続けて書きます















五・七・五を三段に分けては書きません















また、五・七・五を分けるような空白も入れません
















初めて間もない時は、三段に分けられていたり、空白で分けられている方が読みやすいので、そのように書いてしまいたくなりますが
俳句に親しんでくると、この三段表記や、空白が非常に読みづらい表記であることが分かってきます
今のうちからこのような表記はしないように注意しましょう














0 件のコメント:

コメントを投稿