2019年7月7日日曜日

028 俳句の「五・七・五」の別の呼び方

俳句の「五・七・五」には別の呼び方があって

上五(かみご)
中七(なかしち)
下五(しもご)

というように先輩たちは呼びます
覚えておかれると良いでしょう


例えば、芭蕉の俳句

閑さや岩にしみ入る蝉の声
しずかさや/いわにしみいる/せみのこえ


この句の場合
「しずかさや」   が、「上五」
「いわにしみいる」 が、「中七」
「せみのこえ」   が、「下五」

となります


皆で集まって句を発表するときなど
「下五をもう少しこうしたら?」
「上五と下五を入れ替えたら?」
などと、話をしたりします

統一した呼び方の方が、話が通じやすいため
皆さんこのように呼んでいます










0 件のコメント:

コメントを投稿