2019年7月22日月曜日

022 俳句の漢字が読みづらい原因に、送り仮名があります



俳句が読みにくい原因に、漢字に送り仮名が付いていないことが挙げられます
俳句では、基本的に送りがなを付けないで表記します
「秋祭り」は「秋祭」
「三社祭り」「三社祭」と書きます

俳句はあまりに字数が少ないため
名詞には送り仮名を付けず
動詞には送り仮名を付けて、両者を見分けています

ですから俳句を読むときには、(名詞のときは)自分で送り仮名を入れて読みます
初心者はこのルールを知っているはずもないので、句を読むときに苦労します
このルールを分かれば、自分で送り仮名を入れればいいだけですし
名詞と動詞の違いも分かって、読みやすくなると思います





0 件のコメント:

コメントを投稿