2019年6月28日金曜日

048 どの指導者を選べばいい?


俳句を始めて初期の段階でどの指導者を選べば良いのかなど、分かる人はいないと思います
俳句結社は全国に一千以上あります
俳句結社というのは、俳句を楽しむために集まった団体ですが、その指導者が先生だとすれば
最低でも一千人の先生がいるわけです

この中から、自分に合った指導者を探すことなど、初心者にできるわけがありません
もし友人に結社への紹介をしてくれる人がいれば、まずはそこに入会してみると良いでしょう
そのような紹介がなければ、歳時記や俳句要覧といった本で、いろいろな人の俳句を読んでみましょう
その中で「こういう俳句を作りたい」と思った人がいれば、その人の結社に入ると良いでしょう

どちらで結社に入るにしても、三年はその人のもとで頑張って勉強したいものです
指導者になるくらいですから、俳句の経験や知恵は沢山持っています
一つでも多く、吸収できることを吸収するように頑張りましょう










0 件のコメント:

コメントを投稿