2019年6月19日水曜日

042 俳句の楽しみを知りましょう


俳句を始めると、様々な言葉が身についてきます
普段何気なく見過ごしていた庭も、季節を代表する様々な植物や動物に満たされていることを知るでしょう

「日本は四季があっていいよね」と友達と言い合ったりしますが
四季を感じさせていた事象が、自分が知っているよりも遥かに沢山あることに
俳句を通して教えられ、そのたびに驚きとともに感動を得られるはずです

当たり前のように目の前にある自然が、とても貴重で愛おしく感じられるようになるでしょう

この感動を覚えたら、普段の通勤通学の中でさえ、見るべきものがたくさんあることに気が付くはずです
そして、ありふれた景色だと思っていたものが、一変して見えるでしょう


俳句は古臭いから嫌だ、と言う人がいます
大抵は俳句をやったことの無い人たちが言います
俳句をやったことの無い人は、まず一年間でいいので体験してみてはどうでしょうか
「もう俳句を始めてるよ」という人は、いまわたしが言ったことを、沢山感じていくことになると思います
ぜひ楽しみながら、自然に感謝しながら俳句を続けていってください













0 件のコメント:

コメントを投稿